つなぐ - 小池 美萌沙 / モンテカルロ・バレエ団

Summer Dance!

小池氏の振り付けは、動きを貫き、構成する段階の連続の中で、動きを祝福するように誘いかけてています。一連の修行や経験のように、「つなぐ」は、彼女の芸術的な個性を形成した人々や場所、自然主義に彩られた振付芸術、そして詩への敬意を表した人生の旅です。

舞台装置の風景

振付家のアイデアを基盤として、日常と架空の空間・時間の間にあるコミュニティやイメージを舞台環境全体で空間演出しています。人生を謳歌する美しい瞬間を、彼女の振り付けで表現し、観客と共有します。

この舞台装置は、現在の時間軸と同時に懐かしい子供時代、そして私たちの未来といったハイブリッドなメタファーを組み合わせてデザインされています。

この空間演出は、ダンスのストーリーの風景となり、日常生活の中で、人生の貴重な瞬間と同時に、お祝いの雰囲気を観客に提供します。

たくさんのほうきは、枯れ葉で道を掃除したり、空飛ぶ魔女と遊んだりと、私たちの子供時代の懐かしい思い出を表現しています。

そして、ほうきで構成された垂直な壁の後ろには、現代的空間を示唆する曲線のメタルグリッドの壁があります。シンプルな格子状の構造は、わずかにカーブしており、ダンス空間を包み込んでいます。

そして、緩やかな傾斜や角度があるので、ダンサーが簡単に乗り越えられる橋があります。橋の上から登場人物が立っていることもあり、その高台から中央の空間を観察することで、別の次元の光景を空間的に演出することができます。

そして、橋の下には、ダンサーがリズムを奏でる木製のパレットや、花を入れる引き出し、他のダンサーが物語の動きをする間に休むベンチなどがあります。

"つなぐ」(創造) - KOIKE
振り付け:小池 美萌沙
セットデザイン:針生 康/SHSH
音楽:イリア・オソキン
コスチューム:ジャン・ミッシェル・ライネ、小池 美萌沙
照明:Samuel Thery
ドラマトゥルギー:アニエス・ルー
振付アシスタント:ガエタン・モルロッティ、アシエル・エデソ
セットデザイン・アシスタント:エマ・ペチェンコビッチ、ダイアナ・クチンスカ
写真:アリス・バレンジェロ

再生時間:37分

7 月 2021
カテゴリ: Scenography, News, performance
SHSH - つなぐSHSH - つなぐSHSH - つなぐSHSH - つなぐ