ブリュッセル市の観光地でもあるフィッシュマーケット広場に近いオペル通りの角地に位置する、新築6階建てのアパートメントビルです。

このプロジェクトは敷地をいかしたコーナーのラインをいかし、6階建てのボリュームを近隣のアパートメントビルを圧迫せず、都市のスカイラインを道から遮る事が無いように設計しました。各アパートメントには豊かなリビングスペースがあり、晴天の少ないブリュッセルの街に不可欠なテラスを設けています。トップフロアにはメゾネットののアパートメントをふたつクロスで配置させる事を計画していま。.この事によって,各々のアパートメントが充分に通り側に開いた住宅となります。

6階建てのアパートメントビルはまた、密集した住宅地にあり,都市の中心部の緊迫した地域にあります。駐車場不足に悩むブリュッセル市ですから、最先端のコンパクトで修台数の多い立体駐車場が地下に入っております。

ファサードの材質は、白いメタルを想定しています。この白いメタルが街の景観を映し込みます。また、断熱効果を検討した低エネルギー住宅を目標としてます。

発注者 : プライベート

敷地 : ブリュッセル市、ベルギー

建築設計 : SHSH, V+

構造 : BAS

設備 : Bureau Bouwtechniek

音響 : Daidalos Peutz

5 月 2017
カテゴリ: Architecture, housing
SHSH - OPHEMSHSH - OPHEMSHSH - OPHEMSHSH - OPHEM